隔世の感 at 朝カフェ

 今日は朝から、ビジネス街のとあるカフェにお世話になりました。

(日曜日だからこそのビジネス街(°▽°))

 

 普段はスタバやタリーズに行くのですが、今日は心機一転、客層の年齢層が比較的高い渋めのカフェに行ってみました。

 

 お客さんは年配の夫婦が多く、私の普段の日常会話とは全く異なる次元のお話をされていたのが印象的でした。

 

 政治の話だったり、スマホが無かった頃の話だったり、…。

 

 

 「私も将来こんな話をするのかなぁ?」

 「それで、横にいる高校生に驚かれるのかなぁ?」

 

 なんて、かなり先のことを考えて、謎の隔世の感を感じた長閑な休日でした。

かなり先、とは言っても、 高々60年ほどなので、なんだか、ほんと、不思議な気持ちになります。儚いな、と。

 

f:id:under-moon:20191229205653j:plain